記事詳細

北朝鮮、弾道ミサイル発射か 日本のEEZ外に落下

 日本政府は28日午前、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。発射されたのは1発で、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられる。韓国軍合同参謀本部は、飛翔(ひしょう)体は同日午前6時40分ごろに内陸部から日本海側に向けて発射されたと明らかにした。

 北朝鮮は15日にも短距離弾道ミサイルを発射した。金星(キム・ソン)国連大使は米東部時間27日、国連総会の一般討論演説で、北朝鮮の戦略兵器は自衛権に基づく正当なもので、米国の脅威を抑止し戦争を防いでいると主張。飛翔体発射には触れなかった。

関連ニュース