記事詳細

【海外こぼれ話】“世界一の高身長国”オランダ「この1世紀半で初めて平均身長が縮んだ」

 「世界一の高身長国」のオランダの統計局は「この1世紀半で初めて平均身長が縮んだ」と明らかにした。地元メディアなどが報じた。移民の増加や食生活の変化が要因とみられる。2001年生まれの平均身長は男性182.9センチ、女性が169.3センチ。1980年生まれと比べ、それぞれ1センチ、1.4センチ低くなった。統計局は「今でも世界一だ」と付け加えた。(共同)

関連ニュース