記事詳細

日本は急減なのに…韓国、止まらぬコロナ感染者数 文大統領が自画自賛「K防疫」見る影もなく ワクチン種類で日韓に違いも (1/2ページ)

 東京都が4日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は87人と今年初めて100人を下回った。全国の新規感染者も602人まで激減した。これに対し、9月下旬以降、厳しい感染状況が続いているのが韓国だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「K防疫」と自画自賛していた感染対策は見る影もない。

 人口が日本の半分以下の韓国だが、新規感染者は9月24日に初めて3000人を超え、その後も2000人を上回る日が続いた。今月4日午前0時時点は1673人だったが、週末という要因もあり、「減少傾向に転じたか判断し難い」と聯合ニュースは報じた。

 日本はワクチン接種の加速が感染減に効果を発揮したが、韓国の1回接種率は2日時点で約77%と日本の約71%よりも多い。ただ、接種完了者は約52%で、日本の約60%を下回る。

 龍谷大の李相哲教授は「文政権のワクチンの調達が遅れて、2回目接種までの間隔が1カ月以上経過したと伝えられたほか、9月下旬に家族で過ごす行事である中秋節があり、国民が移動したことなども感染拡大に関係している可能性もあるのではないか」とみる。

 ワクチンの種類も日本と違いがある。日本は大半が米ファイザーとモデルナ製が使われているが、韓国では、ファイザーに続き英アストラゼネカが多く、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も使われている。

関連ニュース