記事詳細

傷害逮捕19歳少年の恐るべき凶行 甲府2人死亡 放火も関与か 一瞬にして両親失った姉妹の悲しみと恐怖

 恐るべき凶行だ。甲府市の住宅が全焼して2人の遺体が見つかり、住人夫婦が行方不明になっている放火事件で、山梨県警南甲府署捜査本部は13日未明、甲府市の少年(19)を、夫婦の娘2人のうち妹に対する傷害容疑で逮捕した。捜査本部は、2人の遺体が井上さん夫婦の可能性があるとみて身元を調べているが、両親を一瞬にして失った姉妹の悲しみや恐怖は計り知れない。

 捜査本部によると、少年は県警に出頭。「間違いありません」と容疑を認めている。顔にやけどをし、手にけがをしており、放火への関与もほのめかしている。

 事件は12日午前3時半ごろに起きた。甲府市内の井上盛司さん宅で、2階にいた妹が、争う声を聞いて1階に下りると、見知らぬ男がいて、逃げようとしたところ、後ろから追い掛けられて襲われた。妹は打撲などのけがを負った。

 姉妹はベランダから逃げ出し、午前3時45分ごろに「泥棒に入られた」と姉が110番通報。その約5分後、木造2階建て住宅から出火し全焼した。井上さん夫婦は50代で、いずれも10代の娘2人と4人暮らし。井上さん夫婦と連絡が取れていない。

 通報を受けてパトカーで駆け付けた警察官が火災現場の約100メートル手前を歩く不審な男を見つけたが、男は走って逃げ去っている。

 

関連ニュース