記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】女性の46%が加齢により「性欲低下」を感じている 相手を思いやりながら触れあいを楽しむべき (1/2ページ)

 「徐々に性欲がなくなってきた」「全然濡れなくなっちゃった」…年齢に応じ性の悩みが出てくる方も多いと思います。

 ミドルエイジ以降の性生活の実態や意識の調査(35~79歳の男女500人、TENGA調べ)の結果に基づいて、男女の性が年齢に応じてどう変わるのか見てみましょう。1つめは「10年前と比較して、現在、以下のような体の変化・症状を感じるようになりましたか?」という質問。

 男性の答えとして一番多かったのは「性欲の低下」(46・4%)。続いて「勃起しにくくなった・勃起が持続しなくなった」(39・2%)、「射精に勢いがなくなった(35・2%)。女性も46%が加齢により「性欲の低下」を感じており、これが一番多い答えでした。

 次に、「パートナーとの性生活に満足するためには、どのような行為が不可欠だと思いますか?」という問い。男女合計で見ると1位は「体を触り合う」(44・8%)、続いて「親密な会話をする」(41・4%)、「キスをする」(41・2%)、「挿入する」(40・2%)という結果に。

 全体の4割が「挿入」が不可欠と考えているわけですが、40代以降の女性に限定したデータでは、3割程度に下がります。女性は年齢によって、濡れにくくなる人もいるので挿入だけにこだわらず、相手を思いやりながら触れあいを楽しむべきでしょう。

関連ニュース