記事詳細

【編集局から】食事が首相の人柄を表すキーワードに

 岸田文雄首相の就任から約2週間がたちました。自民党総裁に選出された9月29日には、ツイッターに妻の裕子さんが作った広島風お好み焼きの写真を投稿。菅義偉前首相の「パンケーキ」に続き、食事が首相の人柄を表すキーワードになっています。

 菓子研究家の福田里香さんは、フィクションに登場する人物を読み解く補助線として「フード理論」を提唱しています。古今東西のアニメや映画の傾向から、登場人物について「善人は、フードをおいしそうに食べる」「正体不明者は、フードを食べない」などと分析する内容です。

 あくまでフィクションを読み解く理論ですが、現実でも相手の好物や食事との向き合い方から人柄が見えることは少なからずあると思います。岸田首相や菅前首相の好物が注目される背景にも、食事から人柄を見いだすという動機が働いているような気がします。

 19日公示の衆院選でも、選挙活動の息抜きとしてSNSなどに食事の風景を投稿する候補者は少なくないでしょう。各候補の主張を吟味するのはもちろんですが、食事に注目し“腹の内”を探ってみるのも、選挙を楽しむ要素の一つになるかもしれません。 (R)

関連ニュース