記事詳細

習主席「第3の歴史決議」で独裁盤石へ 11月に6中総会、党創建以来100年の奮闘と重大成果を総括 石平氏「毛沢東らをまねている」

 習近平国家主席(総書記)率いる中国共産党は、今後の党の重要方針を決める第19期中央委員会第6回総会(6中総会)を11月8~11日に北京で開くことを決めた。党創建以来100年の歴史を総括する「歴史決議」を審議する。採択されれば、毛沢東、●(=登におおざと)小平時代に続く「第3の歴史決議」となる。習氏の独裁体制を盤石にする狙いが指摘されている。

 中国国営の新華社通信によると、18日の党中央政治局会議では、6中総会で「党の100年の奮闘の重大成果と歴史的経験に関する決議」案を審議することを決めた。

 中国共産党政権は、これまで歴史的な節目に「歴史問題」を評価する決議を行ってきた。

 最初の決議は「建国の父」である毛沢東が1945年にまとめた。「改革開放路線」を主導した●(=登におおざと)小平時代の81年の決議では、中国を大混乱させた文化大革命を全面否定し、毛沢東を「中国革命での功績は過ちをはるかに上回る」と評価した。

 前出の政治局会議は、習氏の最高指導者就任以後の中国について、「わが国の国際的な地位は日増しに強固になった」と強調した。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は「習氏は、毛沢東や●(=登におおざと)小平をまねて、肩を並べようと無理をしている。自らの歴史決議を採択することで、来年の党大会で異例の『総書記3期目入り』を実現させ、終身独裁王朝を確立する狙いがあるようだ」と語っている。

関連ニュース