記事詳細

【衆院選2021年秋】東京9区 蓮舫氏が元朝日記者の新人・山岸一生氏を“辛口激励” 華麗なキャリアを「東大出て朝日で高給もらって野党から政治家」 (1/2ページ)

 立憲民主党の蓮舫代表代行(53)は20日、東京9区(練馬区中西部)に入り、同党公認で元朝日新聞記者の新人、山岸一生氏(40)の応援のため街頭に立った。前回の衆院選で圧勝した菅原一秀元経済産業相(59)が公選法違反で議員辞職し、空白区となった経緯から、蓮舫氏は「政治とカネ」の問題を強調した。 (海野慎介)

 

 「与党か野党か、野党か与党か。野党を選んでいただければ、国会の景色を大きく変えることができる」

 蓮舫氏は20日の昼下がり、西武池袋線大泉学園駅の南口で声を張り上げた。強い秋風が吹き荒れる中、約50人の聴衆はスマートフォンを掲げたり、大きくうなずいたりしながら演説に耳を傾けた。

 蓮舫氏は「政治とカネ」の問題について触れ、「山岸さんも金銭感覚は人とずれていたかもしれない。東大を出て、朝日新聞に入って、優秀な記者として時の総理、野党の党首の番記者として高給をもらっていた。でも、野党から政治家を目指す判断をしたのは、今の政治では変わらないという思いだったろう」と山岸氏の華麗なキャリアを辛口に激励した。

関連ニュース