記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】共産との共闘は不発 立民は貧乏くじを引いてしまった 岸田首相は菅さんの実績アピールできてラッキー (2/2ページ)

 新たに内閣を発足させた岸田文雄首相としては、今回の選挙はラッキーだっただろう。菅さんたちが取り組んできたことを自民党の実績としてアピールできるわけだからね。そう考えると、総裁選に出馬しなかった菅さんが気の毒のように思える。当初、選挙戦では苦戦するんじゃないかと言われていたけど、苦汁をなめる大物議員もいた中で、しっかりと勝利した。さすがだね。

 躍進したのは日本維新の会だ。拠点である大阪府の選挙区で勝利し、議席数を大幅に伸ばした。大阪府知事の吉村洋文さんの人気が高いのが理由の1つだろう。コロナで大変だったときから連日、テレビのニュース番組に登場していたしね。ただ、その人気に引っ張られて当選しただけの議員がいるかもしれないから、これからきちんとチェックしていかないとね。

 当選した議員の皆さんも、おごり高ぶっていると次の選挙であっさりと負けてしまうよ。これから日本のために一生懸命に働いてほしい。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。「大炎上」(扶桑社新書)、「全身美容外科医」(講談社+α新書)など著書多数。

関連ニュース