記事詳細

愛知中3殺人 腹部を正面から刺された? 「LINEめぐるトラブル」報道も 凶器の包丁は事前にネットで購入

 愛知県弥富市の市立中で刺され死亡した3年の伊藤柚輝(ゆずき)さん(14)が、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された同学年の男子生徒(14)と向き合った姿勢で正面から腹を刺されたとみられることが25日、分かった。傷は肝臓を貫通し、腹部の大動脈や脾臓(ひぞう)も損傷していた。凶器の包丁は事前にネットで購入したといい、愛知県警は計画性と強い殺意があったとみてトラブルの有無を調べる。

 県警は25日、殺人容疑で男子生徒を送検。男子生徒は24日午前8時ごろ、校内で刃渡り約20センチの包丁で伊藤さんを刺したとして逮捕された。

 伊藤さんは男子生徒に教室から廊下へ呼び出された直後に襲われたとみられ、校舎2階の教室に近い廊下で刺された後、出血しながら自力で教室に戻り、床にあおむけで倒れた。病院に搬送された後、同10時35分に出血性ショックで死亡した。

 市教育委員会などによると、2人は同じ小学校の出身で、中2の時も同じクラスだった。現在は別のクラスで、部活動も異なるという。

 市教委は24日午後の記者会見で、2人の間のトラブルは「把握していない」と説明した。

 25日放送のフジテレビ系情報番組「めざまし8」は、「LINEをめぐるトラブルがあったという声が生徒から上がっている」という保護者の声を報じた。

 伊藤さんは小学生の頃はサッカーに熱中したが、中学では野球部に所属。体育祭ではチームのまとめ役を任され、団長の生徒とともに下級生にダンスを教えるなどしたという。娘が幼なじみだという女性は、困り事を抱えた友達に積極的に声を掛ける「リーダーのような存在」だと話した。

関連ニュース