政治・社会の連載

ニッポンの新常識
ニッポンの新常識
ケント・ギルバート

衆院選、国民が争点とすべきコロナ後の「個人消費」と「規制緩和」 掲げる政策でおのずと見える投票先

 岸田文雄首相は14日、衆院を解散する。衆院選は「19日公示-31日投開票」という日程で、熾烈(しれつ)な選挙戦が展開される。衆院選は「政権選択選挙」のため、結果によって日本の先行きが大きく変わる。私も注目しているが、やはり国民が最も争点とすべきは、「コロナ後の経済政策」だと思っている。【記事を読む】