韓国の「強い者に従う」メンタリティは生き残る上で仕方ない (1/2ページ)

2015.07.25

 韓国の中国依存は韓国国内でも問題視されるようになっている。それは、わずか20年で対中国の貿易額が50倍にも達し、かつては対貿易額のツートップだった日本と米国を足した額をも上回る点にも見て取れる。また、日韓通貨スワップの代替として位置づけられる中韓通貨スワップ協定も結んでいる。

 この依存についての是非は、ネット掲示板での議論も白熱する。韓国はなぜここまで中国依存を進めるのか。元時事通信ソウル特派員でジャーナリストの室谷克実氏はいう。

 「中国と韓国の関係は“蛇ににらまれたカエル”。中国を前にすると韓国は逆らえず、従属してしまう。これはもう理屈ではなく、朝鮮半島の歴史は、大半が中国の属国としての歴史で、『従属』の観念が刷り込まれている。

 それは経済だけでなく外交も同様です。在韓中国大使館の外交官はしょっちゅう韓国の国会議員を呼びつけ、『台湾に行くな』といった内政干渉を行ない、議員もぺこぺこしている。精神的にはすでに植民地状態です」

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。