記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】福留、独占激白 あと3年!46歳現役目指す 「タケシさんの記録抜きたい」 (1/3ページ)

 阪神を今季限りで戦力外となった福留孝介外野手(43)は、14年ぶりに中日に復帰することが決まった。日米通算2407安打のバットマンは、手薄な左の代打として勝負強い打撃が期待される。現役時代に毎年、ハワイで一緒に自主トレをした間柄の山崎武司氏(52)が、夕刊フジのコラム「生涯ジャイアン」の特別拡大版で、弟分が現役続行に至った舞台裏を激白。野手の日本最年長記録といえる、46歳まで現役を続けることを期待した。

          ◇

 来年44歳になる選手を獲るのは、何か縁があるところでないと難しい。福留はプロ入りしたときのチームに、うまく収まってくれてよかった。

 よく連絡は取っていたけど、阪神をクビになるというのはシーズン中からわかっていたようで、「現役を続けたい。条件面はどうでもいいので、できればドラゴンズに戻りたい」と話していた。

 復帰に関しては「本当に必要なのか」とファンから厳しい声も上がっている。いろんな意見があるのは仕方ない。でも中日に帰ってきて、集大成として一生懸命やると思うので、その姿をしっかり見てもらいたい。

 年齢で力が落ちているのは否めないが、今季はコロナ禍で特殊なシーズンになった。起用法は最初から併用。開幕直後に出遅れると、スタメンから外されることが多くなった。メンタル的にも落ちて、消化不良で終わってしまったようだ。