記事詳細

楽天、田中将大獲得へ 米球団より高額提示か 「目を見張るような投手ではなくなっている」米記者

 ヤンキースからFAの田中将大投手(32)について、MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者は18日(日本時間19日)、「依然、ヤンキースと接触をもっているが、日本の球団が強い関心を示しており、米球団より高い年俸を用意しているとみられる」とツイートした。

 ヤンキースは予算的に田中と再契約することは難しくなっているのが実情。古巣の楽天では、石井一久GM兼監督(47)が18日、「ぜひとも仙台、東北でプレーしてほしい」とオファーを出す考えを示している。日米では年俸相場が乖離しているため、楽天の大盤振る舞いにも注目だ。

 前日の17日(同18日)には、SNY(スポーツネット・ニューヨーク)のアンディ・マルチノ記者がツイート。

 「田中は1500万ドル(15億5000万円)から2000万ドル(20億7000万円)の1年契約を求めているようだが、希望額を提示する球団はない。確実に結果は出せるが、目を見張るような投手ではなくなっている。パドレスが調査しているとの報道もあったが、必ずしも熱心ではないようだ」としている。