記事詳細

【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】正捕手争いは誰がリード? 遠藤は梅野推しだが監督の起用法が… 藪氏の注目は新人の栄枝! (1/2ページ)

 集中連載でお送りする特別企画“ふたり言”第4回。多士済々の先発投手陣と、3年連続ゴールデングラブ受賞中の梅野隆太郎捕手(29)による強力バッテリーで、今季の阪神は必勝態勢かと思いきや、元エースの藪恵壹さん(52)は「捕手が問題」とインサイドをえぐります。

 遠藤「キャッチャーはもう、梅ちゃん(梅野)が完全に独り立ちしたんじゃ…」

 藪「いやいやいやいや。矢野監督は併用したがる。昨年の開幕戦を見ても、3戦で3人のキャッチャーを使ったじゃないですか。監督は最初から決めていたような感じですね」

 遠藤「へえ~、相性ってことですか?」

 藪「そう言ってましたけど、2戦目、巨人の先発が左投手の田口だったから、キャッチャー原口でいったと思うんですよ。味方ではなく相手の投手との相性。打線の観点で」

 遠藤「なるほど。ちなみに藪さん、タイガースの現役時代は、キャッチャーを替えられるのは嫌でした?」

 藪「僕は自分で配球は考えられるから、打って点を取ってくれるキャッチャーがよかったですね」

 遠藤「ハハハ!」

 藪「だから関川(浩一)さんが一番バッティングよかったんで、セキさんを指名してました」

関連ニュース