記事詳細

【最先端アマチュアスイング】前へならえスイング 腕がどれだけ上がるかを最初に覚える (1/2ページ)

 これまで、「前へならえ」を意識することで、体の正面に腕を置いた“同調スイング”のイメージが作れるというお話をしてきました。

 今回からは、バックスイングでのポイントを詳しくレッスンしていきたいと思います。

 バックスイングで大事なのは、体が写真〔1〕のように飛球線と反対方向を向いたとき、体の正面で前へならえができていることです。バックスイングにおいては、ここが終着点になるので、このときの「肩の高さに両腕が上がって、手は飛球線と反対方向に真っすぐ伸びている」という形を最初に覚えてください。

 次に、この位置に腕がくるように練習をしましょう。

 直立して前へならえをした状態からスタートするのであれば、体を回すだけで自然にこの位置に来ます。しかし、ゴルフスイングの場合は前傾姿勢を取り、さらにアドレスでは、腕は地面と垂直になるくらいダランと垂らしています。そのため、終着点に持っていくまでに腕を徐々に上げていかなければいけません。

 実を言うと、アマチュアゴルファーの中には、この腕がなめらかに上がっていかなかったり、上げる量が少ないままトップの形を作っている人がけっこういます。

関連ニュース