記事詳細

巨人、球宴ファン投票選出なしの危機 阪神優勝の2003年と酷似 「一塁・ウィーラー」「遊撃・坂本」可能性はあるが… (1/3ページ)

 2年ぶりに復活する真夏の夢の球宴で、巨人がファン投票選出ゼロの危機を迎えている。昨年はコロナ禍のため中止となった「マイナビオールスターゲーム2021」(第1戦=7月16日、メットライフドーム。第2戦=同17日、楽天生命パーク)のファン投票が始まっているが、巨人から選出なしとなれば、2003年以来18年ぶり。前回は首位を走る阪神勢の勢いに押された格好だったが、原辰徳監督(62)が全セの指揮を執ることを含めて状況は酷似している。そして、この年のペナントを制したのは阪神だ。 (片岡将)

 8日に発表された第5回ファン投票中間発表。中継ぎと抑えを含めた11ポジション(外野は3位まで選出)で1位に立ったG戦士はいなかった。両リーグ最多となる14万7890票を獲得している怪物ルーキーの佐藤輝明外野手(22)を中心に、リーグ最多となる6人の阪神勢が選出圏内だ。

 ファン投票は今月21日まで土日を除き中間発表が毎日更新され、最終結果は28日に発表される。今年で70回目を迎える球宴で、圧倒的人気を誇った巨人勢がファン投票で選出されなかったのは、1995年、2003年のたった2回しかない。

関連ニュース