記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】レースも野球も2位狙いではなく優勝を目指せ!! 交流戦明けは阪神の独走を阻止せよ (1/2ページ)

 参戦8年目になる市販車レース「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」。13日の第3戦(オートポリス)で3位になり今季初、僕自身3度目の表彰台に立った。

 でも予選3位だったので、もう少し上に行けると思った。なかなかうまくいかなくて悔しいね。次戦は7月24、25日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。やはり勝負事は2位、3位狙いではダメ。僕にとって特別な宮城で、ぜひ優勝といきたいね。

 同じことが言えるのがペナントレースだ。交流戦はDeNAが3位、中日が4位、ヤクルトが5位とセ・リーグ下位のチームが頑張ったけど、セ首位の阪神がその上の2位だったので差は開いてしまった。阪神は2位の巨人とヤクルトを7ゲーム差とし、ぶっちぎりそうなムードになってきた。

 阪神はドラフト1位新人の佐藤輝が入り、1人軸ができたことで打線のバランスが良くなった。大きい本塁打を打つと盛り上がるし、チームが変わる。サンズ、マルテの外国人もよく打つし、去年は「大山、大山、大山」という感じだったけど、佐藤がいる今年は大山の名前を聞くこともめっきり減ったほどだ。