記事詳細

米メディア「大谷で決まり」「最も驚きのない結果に」 球宴HRダービー優勝予想 (2/2ページ)

 スポーツベットの米ブックメーカー「ドラフトキングス」社のハンデも大谷が5倍でトップだった。今季23本塁打でメジャーを代表する長距離砲のジョーイ・ギャロ(レンジャーズ)が5・5倍で続いた。ダークホースは地元のトレバー・ストーリー(ロッキーズ)か。

 当日は、8選手によるトーナメント形式で1回戦、準決勝、決勝の3ラウンドが行われる。7月7日時点の本塁打数でシードが決まり、第1シードの大谷は1回戦で第8シードのフアン・ソト(ナショナルズ)と対戦。1回戦と準決勝の制限時間は3分、決勝は2分。規定時間以内に475フィート(約144・8メートル)以上の本塁打を1本以上打った場合、30秒のボーナスタイムが加算される。

 ソトは今季11本塁打だが、昨季ナ・リーグ史上最年少で首位打者を獲得した逸材。決してあなどれない。準決勝では前回王者のアロンゾ、決勝ではギャロとの対戦を期待する声が高まっている。

 高地でボールが飛ぶことで知られるクアーズフィールドだけに特大のホームランの応酬が予想される。

関連ニュース