記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】球宴「大谷特例」ファンサービス、ウラにあるMLBの思惑 (1/2ページ)

 米大リーグのオールスター戦がコロラド州デンバーで13日(日本時間14日)に行われ、大谷が「1番・DH」なのに先発投手で登板。球宴限定の「大谷特例」が設けられたおかげで夢のようなシーンが実現した。都合よく野球規則を変更する姿勢を当欄では何度か批判してきたが、今回はMLBの柔軟な発想を素直にたたえたい。

 「この調子が続けば、MLBは大谷を最大限に売り込むと思う」。ニューヨーク・ポスト紙のヤンキース担当を1997年から務め、昨季限りでリタイアしたジョージ・キング氏から意味深なメールが届いたのは7月3日。MLBが大谷のプロモーション映像などに加え、ルール変更までして今季球宴の顔に据えたのを見て合点がいった。

 この「ファンサービス」には、もちろん理由がある。米サイトによれば、球宴の視聴率は70年には28・5%、80年にも26・8%を誇ったが、近年は低迷。2001年の11・0%を最後に1ケタ台となり、19年には過去最低の5・0%まで落ち込んでいた(昨年はコロナ禍のために中止)。

関連ニュース