記事詳細

【俺とデスクの座談会】バッハ会長は高級ホテル&ルームサービスも…海外記者らは“15分早食いおもてなし”

 記者「五輪の取材で来日している知り合いのドイツ人記者から、『2週間の窮屈な隔離期間がやっと終わった』と連絡がありました」

 デスク「どこで隔離されてたんだ?」

 記者「都心のビジネスホテルですが、11平米のシングルルームだったそうで。全国に展開している有名ホテルですけど、確かにどこもトランクが広げられないくらい狭い。『自分も出張では使わない』と言ったら苦笑されました」

 デスク「同じドイツ人でも、IOCのバッハ会長は5つ星の高級ホテルに泊まってるのにな。730平米のスイートルームだとか」

 記者「食事のルームサービスも充実しているでしょうね。ビジネスホテルにそんなサービスはないですし、コロナ陽性者がホテル隔離のときみたいに、部屋の前まで弁当を持ってきてもくれないそうで」

 デスク「じゃあ、どうやってメシを食ってたんだ?」

 記者「ホテル近くのコンビニやラーメン店を案内されたそうです。しかも濃厚接触の条件に引っかからないよう、15分以内で戻ってくるようにと」

 デスク「熱々のラーメンの早食いチャレンジかよ。とんだおもてなしだな」

 記者「しかも隔離中に緊急事態宣言が出たので、やっと解放されても飲食店はさっさと閉まるし、ビールも飲めない。酷な話です」

関連ニュース