記事詳細

侍ジャパン投手陣、思わぬ難敵は五輪公式球 チーム唯一の変則投手・青柳へ影響深刻か (1/2ページ)

 野球日本代表は25日、巨人との壮行試合(楽天生命パーク宮城)に5-0で快勝。28日に迫ったドミニカ共和国との開幕戦(福島・あづま球場)に向けて弾みを付けた格好だが、本番前の実戦で侍投手陣に思わぬ難敵が出現した。今大会で使用されるSSK社製の公式球に手を焼く投手が意外に多いのだ。

 日本先発の田中将大投手(楽天)は3回途中、打者10人に許した安打は1本。日本の守備時はSSKのボールが使用されたが、田中は「ボールに関しては全然、僕は大丈夫です。何の違和感もなく投げられました。別に困るようなことはなかったですかね」と26球で片付けるほぼ完ぺきな投球だった。昨年まで滑りやすく、大きさも不ぞろいだといわれるローリングス社製の大リーグ公式球を操ってきた経験は伊達ではない。

 だが、いかに代表に選抜された日本のトップクラスとはいえ、日米通算181勝右腕との間には隔絶された経験値の差が存在する。

 ワールド・ベースボール・クラシックは大リーグ球。今回のSSK球は2018年の日米野球、19年のプレミア12で先取り使用されているが、今回のメンバーで2大会とも経験しているのは山崎康晃投手(DeNA)しかいない。

関連ニュース