記事詳細

水谷隼、伊藤美誠が卓球混合ダブルスで“金” 「国技で負けた」屈辱の中国、「反則」連呼で負け惜しみ 王者陥落に香港で広がる歓声 (1/3ページ)

 東京五輪から導入された卓球の新種目、混合ダブルスの決勝が26日夜、行われ、日本の水谷隼(32)、伊藤美誠(20)組が中国の許●(=日へんに斤)(31)、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)(30)組をフルゲームの末に下し、日本卓球界史上初の五輪金メダルを勝ち取る悲願を達成した。2008年の北京五輪以降、3大会で全種目を制してきた卓球王国・中国では「国技でも負けた」などと衝撃が走り、その負け惜しみから日本組の反則疑惑の非難で沸騰。一方で圧政に苦しむ香港では、まさかの金星に歓声が上がった。

 ■順当勝ち一転

 中国大手ニュースサイト「網易」によると、試合後に女子シングルス世界ランキング7位の劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)は「自分は大丈夫だがチームに申し訳ない」と泣き崩れたという。

 会見でも中国メディアから「大勢の国民が応援していたのになぜ勝てなかったのか」と責めるように問われ、「この結果を受け入れるのはとてもつらい。とても申し訳なく思う。全力を出し切れなかった」とうなだれた。

 試合序盤はいつも通りの光景だった。世界女王にも輝いた実績を持つ劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)と、パワフルなプレーが持ち味で世界ランキング2位の許●(=日へんに斤)の最強ペアは第1、第2ゲームを連取。王者が貫禄の順当勝ちと思われた。だが伊藤は通常と逆に強く回転をかけたバックハンドレシーブ「逆チキータ」を見舞うなど強気のプレーで対抗し、水谷もコートを縦横無尽に飛び回ってドライブをたたき込み続け応戦。ここから3ゲームを日本組が連取した。

関連ニュース