記事詳細

【藪恵壹 藪から棒球】日本でプレーする外国人選手に要警戒 侍ジャパンきょう初戦 (2/2ページ)

 複数の代表選手が防疫対策に背く行為で辞退した韓国代表も、代替メンバーにかつて阪神で抑えを務めた39歳のベテラン、呉昇桓(韓国・サムスン)を緊急招集。2004年のアテネ五輪で、オーストラリア代表が阪神に在籍していたジェフ・ウィリアムス投手から日本の打者の情報を集めたように、今回も諜報合戦が繰り広げられることになりそうです。

 メキシコ代表のメンバーには、個人的に懐かしい名前を発見しました。エイドリアン・ゴンザレス内野手(39)は06年から10年まで米大リーグ・パドレスに在籍。私がジャイアンツのときに対戦経験があります。球宴出場5度、通算317本塁打を放った左の強打者で、東京五輪出場のためメキシカンリーグで3年ぶりに現役復帰したとのこと。今回は日本代表に牙を向けないよう願うばかりです。

 今大会は敗者復活戦があるとはいえ、国際大会はとにかく打ち勝たなければ先に進めません。相手投手に球数を投げさせるよりも好球必打が鉄則です。相手の情報収集を上回る結果を出さなければ、侍ジャパンの金メダルへの道は険しさを増します。(元阪神投手コーチ)

関連ニュース