記事詳細

息もつかせぬ接戦制し2冠 競泳女子200メートル個人メドレー「金」 大橋悠依

 歓喜と安堵-。競泳女子200メートル個人メドレーで、400メートル個人メドレーに次ぎ2冠を達成した大橋悠依(25)。水をとらえ、ラスト5メートルは「ノーブリーズ」(息継ぎなし)。0秒13差の大接戦を制した。400メートルでは涙腺ゆるゆるだったが笑顔炸裂。日本女子の同一大会2冠は夏季五輪では史上初。

【女子】

▼200メートル個人メドレー決勝

(1)大橋 悠依(イトマン東進) 2分8秒52

(2)アレックス・ウォルシュ(米国) 2分8秒65

(3)ケート・ダグラス(米国) 2分9秒04

関連ニュース