記事詳細

久保、スペイン撃破して見返せ! “流浪生活”脱出、R・マドリード残留へ最後のアピールの機会 (1/2ページ)

 東京五輪サッカー男子日本代表は3日、初の決勝進出を懸け、埼玉スタジアムでスペイン代表との準決勝に臨む。銅メダルに輝いた1968年メキシコ大会、4位に終わった2012年ロンドン大会と過去2度とも跳ね返された厚い壁を突き破るヒーローは、今大会絶好調のFW久保建英(20)か。スペイン1部の名門レアルマドリードに加入2年目の今季も実力不足とみなされ、下位クラブに2度もレンタルされる“流浪生活”。来季も“3浪”が濃厚だが、同世代のエリートがそろうスペイン相手に活躍できれば、日本に53年ぶりのメダルをもたらすとともに、自らのサッカー人生を大逆転できる。

 スペイン1部はEU圏外の選手が3人しかベンチ入りできない規約があるため、“外国人”の久保は名門に籍を置きながら過去2シーズンはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェの3クラブを渡り歩く辛酸をなめた。

 スペイン紙の観測では、「アス」が来季もレンタル移籍が“本線”とする一方で、「マルカ」はクラブが去就の決定を迷っており「チャンスを得るに値する」と報じるなど意見が割れている。「銀河系軍団」の異名を取るクラブは、8月中旬開始の新シーズンに向け、多士済々の選手たちを練習試合を通して厳選している段階。そんな大事な時期にチームを離れ五輪参戦中の久保にとって、五輪が唯一にして最後のアピールの場といえる。

 本人も自覚十分で、1次リーグでは3戦連続ゴール。スペインメディアも「日本のスターは久保建英」「久保が違いを生む」などと絶賛し、マルカの世論調査では久保をRマドリードに残留させるべきと望むファンは88%に急騰した。

関連ニュース