記事詳細

五輪野球「日米決戦」メジャー行きの切符つかむのは? 山本由伸は現時点で「ベストの投手」 鈴木誠也、本領発揮なるか (1/2ページ)

 日米決戦となった7日の野球決勝(横浜スタジアム)。両チームの選手にとって金メダルとともに、メジャー行きの切符をつかむチャンスだ。

 日本代表メンバーの中で、大会前に米大リーグのスカウトから最も注目されていたのは山本由伸投手(22)=オリックス。1次リーグ初戦でドミニカ共和国、準決勝で韓国を相手に先発した2試合で、勝ち星こそ付かなかったものの計11回1/3で2失点、18奪三振と能力の高さを見せつけた。

 本人も「高いレベルでやりたい」とメジャー志向を隠さず、ナ・リーグ球団スカウトは「すべての球種でストライクが取れる。今の日本でベストの投手」と高評価。ただし、「普段と使用球が違ったせいかフォークの制球に苦労していた。メジャーのボールはもっと質が悪いので、操るには時間が必要かもしれない」と異なる環境への適応力には注釈をつけた。

 ヤンキースから8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手(32)は、2年契約ながら今オフにメジャー復帰できる条項がある。しかし、先発した準々決勝の米国戦で4回途中3失点KOとなり、前出スカウトは「あそこで力を示せないようでは、今の楽天との契約を上回る形でのメジャー復帰は厳しい」とバッサリ。五輪で再渡米へのアピールどころか、可能性を狭める結果となった。

関連ニュース