記事詳細

大坂なおみ冷静さ維持、逆転勝利で3回戦進出 ウエスタン・アンド・サザン・オープン

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは18日、米シンシナティで行われ、女子シングルス2回戦で世界ランキング2位の大坂なおみ(23)=日清食品=は同24位のコリ・ガウフ(米国)に4-6、6-3、6-4で逆転勝ちした。3回戦でジル・タイヒマン(スイス)と対戦する。

 試合が進むにつれてショット、サーブの精度を上げ、相手のミスを誘って優位に立った。コート上のインタビューでは「試合に負けても勝者だと思うようにした。世界ではいろんなことが起きているのだから、自分は朝起きただけで勝っているのだと思う」と話した。

 その後の会見では「コートでファンの前でプレーできること自体が成果なのに、いつしかそれに感謝できなくなっていた。コロナ禍があり、ハイチやアフガニスタンで起きていることは狂っている。私は米国でテニスボールを打てるのだから」と振り返った。

 16日に行われた大会前会見では、途中で涙を流して離席する場面もあったが、この日は落ち着いた様子だった。

関連ニュース