記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】川崎DF・旗手怜央、型破りなサイドバックにコンバートで躍進

 サッカー天皇杯のベスト8が決まりました。連覇を目指す川崎は18日の4回戦(アイスタ)で、清水に2-1で勝利。決勝点は東京五輪代表DF旗手怜央(23)が左足で上げた絶妙のクロスから生まれました。

 この日は左サイドバック(SB)でフル出場でしたが、本来は攻撃的MF。大学ナンバーワンアタッカーとしてプロに入り、2年目の今季SBにコンバートされました。今夏の五輪でも全6試合中5試合に出場できたのは、複数ポジションをこなせるユーティリティープレーヤーだからです。

 この試合、私はスタジアムで解説の仕事をしていたのですが、決勝点のアシストのシーンには驚かされました。縦の突破からのクロス。旗手のこういうプレースタイルは見たことがなかった。試合後に本人が「SBをやって、縦に仕掛けてクロスを上げたのはおそらく初です」とコメントするのを聞いて、「やっぱりな」とうなずきました。

 これまでSBの仕事といえば、アップダウンを繰り返してこうしたクロスを上げること。いわば体力勝負のポジションでしたが、今は違います。局面でしっかりゲームメークもできないとダメ。これこそ、いいSBかどうかの見極めになる。

 旗手はその両方ができます。SBにコンバートされたのもゲームメークができるからこそ。監督やコーチの指示を待つまでもなく、自分で見極めて戦術を組み立て動けます。これは簡単にできるものではありませんよ。

 教科書通りではなく、型破りのSBになる予感大ですね。タフだし、メディアの受け答えもはっきりしていて爽やか。今後も応援したい、と心から思える選手です。 (元J1横浜監督)

関連ニュース