記事詳細

【清水満 SPORTS BAR】大谷“ルースの魂”宿して投打月間MVPもある!? 受賞ならメジャー史上初の快挙 (1/2ページ)

 大リーグの公式ホームページにはエンゼルス・大谷翔平の話題が毎日のように掲載されている。22日(日本時間23日)はビッグ・ニュースがあった。タイガースのスーパースター“レジェンド”ミゲル・カブレラが通算500本塁打を記録。当然、トップはカブレラで特集も組まれていたが、大谷の記事もあった。

 『大谷がリトルリーグの聖地(ペンシルベニア州ウィリアムズポート)で行われた「リトルリーグ・クラシック」、先頭打者安打と19盗塁…』という見出し。1安打、1盗塁、2四球でも話題として取り上げる。もちろん映像付きである。

 そういえば、無安打に終わった先日は、大谷の故郷である岩手県奥州市の特集を組んでいた。いまやその一挙手一投足、すべてが注目されている。

 目下、40本塁打はメジャートップ。打点88は4位タイ、OPS(長打率+出塁率)は1・003は3位と打撃はMVP級の数字を残し、6、7月の「野手部門の月間MVP」を2カ月連続で受賞したが、8月は投手としての「月間MVP」の期待がかかっている。

関連ニュース