記事詳細

【最先端アマチュアスイング】脱力スイング(1) 力みすぎないよう、親指と人差し指を軽く閉じてグリップ (1/2ページ)

 ミスショットをしたときに、「力の入れすぎだよ」と言われるのは、よくあること。実際、アマチュアゴルファーのスイングを見ていると、“力みすぎ”によってミスを犯しているケースが目につきます。

 その一方で、「力んでいるのはわかっているけど、力を抜くことができない」という人が多いのも事実。深呼吸をしたり、体を揺さぶるなどしてなんとか力を抜こうと努力はしてみたが、いざスイングが始まるといつものように力んでしまうという人も多いようです。

 そこで今回から、具体的な脱力の方法をお教えしたいと思います。

 第一のポイントはグリップ。ご存じのように、スイングは腕の力を抜いて、体の回転とともにスイングを完結していくことが大切です。しかし、グリップを強く握ってしまうと前腕に力が入り、体の動きにブレーキが掛かります。

 つまり、グリップに力が入れば入るほど手打ちになりやすいということです。

 では、グリップの力を抜くためにはどうすればいいか。

 写真(1)のように、両手とも親指と人さし指の間の部分を軽く閉じてグリップすることがポイントです。軽く、ですよ。そうすれば前腕の力が抜けやすくなります。

関連ニュース