記事詳細

エンゼルス大谷「本塁打王」争い激化 3位のゲレロ3本差で猛追

 本塁打王争いでア・リーグトップの43本を放っているエンゼルスの大谷翔平(27)は6日(日本時間7日)、本拠地でのレンジャーズ戦。タイトル争いはこの日も火花を散らし、3位のブルージェイズのウラジミール・ゲレロ内野手(22)がヤンキース戦で40号ソロを放ち、3本差に迫った。

 ゲレロの本塁打は5試合ぶり。1回に変化球を右翼スタンドへ打ち込んだ。後半戦はやや当たりが止まっていたが、調子を上げてきた。

 さらに恐いのが2本差の41本塁打で、2位につけているロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)。この日は敵地のオリオールズ戦に出場したが本塁打は出なかった。

 それでも、内野安打で今季103打点目を挙げて、リーグ最多のアブレイユ(ホワイトソックス)に並んだ。

 ペレスはオールスター明けから20本を打って猛追。8月に球団タイ記録の5試合連続を含む12本塁打を放っており、勢いは一番ある。また、ブルージェイズのマーカス・セミエン内野手(30)が36、37号を放ち、9月に入って5試合で5本塁打と追い上げている。