記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】堀川未来夢(1) ショットをより正確に安定させるには上半身の三角形を崩さない (1/2ページ)

 ドライバーの方向性が安定しないし、飛距離も出ない。また、アイアンショットも一応当たるけど距離感が狂いやすい。悩みは尽きないでしょうが、まずは根本的なところを修正してみてはいかがでしょうか。

 その根本的なところというのは、手ではなく体の面でボールをとらえるということです。手と体との同調という言葉で表現されることも多いのですが、体の面で打つようにすれば、手打ちを防ぐことができるし、その結果、スイングプレーンも安定するので、ショットがより正確になり、方向性も安定する。さらに飛距離も伸びます。

 そのために私自身が意識しているのが、肩と両腕できる上半身の三角形を崩さないことです(写真1、2)。

 上半身の三角形については、ビギナー向けのレッスン書などにもよく出てくるので知っている人も多いと思いますが、実際に三角形をキープして打っている人はごくわずか。テークバックの始動時から三角形が崩れてしまう人が圧倒的に多いように思います。

 しかし、最初からこの三角形が崩れてしまうと、インパクトで正しい形に元に戻すのはほぼ不可能になります。つまり、これがミスショットの大きな原因になっているというわけです。

関連ニュース