記事詳細

【最先端アマチュアスイング】脱力スイング(3) テークバックは左手に仕事をさせない (2/2ページ)

 また、このように左右の手で押し合うことで、テークバックでフェースが開いたり、体が回らずにヘッドだけが上に上がるというような動きを抑えることもできます。

 「両手で押し合う」という動きを意識したことがない人も多いと思いますが、力みのないスイングをしているゴルファーは、左腕はもちろん、どちらか一方に多くの力が入っていることはありません。

 力みを抜くだけでなく、正しいテークバックを実現するためにも、ぜひ右手の力で左手の動きを抑えることを意識してみてください。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース