記事詳細

稲葉監督の後任に工藤監督が急浮上 侍ジャパン次期指揮官の動きが加速 “本命”高橋由伸氏は「外堀埋める流れに抵抗」 (1/2ページ)

 東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表の稲葉篤紀監督(49)が16日、初戦の舞台となった福島県営あづま球場で内堀福島県知事を表敬訪問した。稲葉監督は任期の9月限りで退任を表明しており、水面下では日の丸の次期指揮官を巡る動きが加速。人選には侍ビジネスを主導する読売新聞グループとのつながりが重要視され、最有力候補としてソフトバンク・工藤公康監督(58)が浮上している。(山戸英州)

 夏の熱戦が幕を下ろしてからはや1カ月。劇的なサヨナラで初白星をつかんだ地に、再び足を踏み入れた稲葉監督は「遠い昔の感覚。懐かしいようにも感じた」としみじみ話した。福島とは今後も関わり続けたい意向をを示し、「何ができるか分からないが、ソフトボールと一緒にクリニックを開きたい。五輪メンバーが参加し、子供たちが憧れるイベントをやりたい」と構想を披露した。

 代表指揮官としての契約は今月末までで、秋以降は次期監督にバトンタッチすることが決まっている。コロナ禍のためワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は2023年春に延期。24年のパリ五輪でも実施種目から外れているが、日本代表は従来通り“常設”の位置づけで、監督の空白期間もあまり長くならないよう後任を最終選考中だ。

関連ニュース