記事詳細

連日の発熱休場にヒヤヒヤも…大相撲秋場所、変わらぬ協会の“場当たり対応” 芝田山広報部長「取組は濃厚接触ではない」 (1/2ページ)

 ■16日、東京・両国国技館

 連日の発熱騒ぎで背筋はヒヤヒヤだ。

 東前頭筆頭の豊昇龍(22)=立浪=が国技館に姿を見せながら、体調不良を訴え休場。小結高安(31)=田子ノ浦=との一番は不戦敗となり、発表されていた6日目の取組は割返しとなった。師匠の立浪親方(元小結旭豊)は「朝から発熱があり、本人は取るつもりだったが、頭痛が収まらなかった」と説明。PCR検査の結果は陰性で急性扁桃炎と診断されたが、結果が出るまで緊張が走った。

 前日に発熱のため休場した西前頭13枚目の剣翔(30)=追手風=は一夜明けて再出場。東前頭16枚目の千代丸(30)=九重=を一気の寄り切りで下し2勝目を挙げた。前夜は40度以上の高熱、今朝も39度あったというがPCR検査は陰性。足にばい菌が入る蜂窩織炎と診断された。

 「きのうは眠れずという感じです。解熱剤を飲んで、点滴を打ってきました。熱があろうと足が痛かろうと、全力で頑張りました。一発に賭けようと思って。いい相撲を取るよりも、白星が欲しかった」。どれだけ根性があってもコロナ陽性なら強制休場だけに、検査結果には胸をなで下ろしたことだろう。

関連ニュース