記事詳細

巨人、2年前の恋人がキツすぎる恩返し ヤクルト・奥川が打線寸断、優勝戦線の大きな障害として立ちふさがる (1/2ページ)

 巨人は17日、勝てば2位浮上となる直接対決のヤクルト戦(東京ドーム)に2-8の完敗。相手先発の奥川恭伸投手(20)に7回1失点と押さえ込まれた。2019年のドラフトで3球団競合し、クジを外した逸材が、優勝戦線の大きな障害として立ちふさがっている。

 初回に先制しながら2回以降は要所をきっちり締められた。9回に松原の10号ソロで1点を返したが、焼け石に水。完敗に追い込まれたのは、弱冠20歳の右腕に打線が寸断されたことによる。

 試合後の原辰徳監督(63)は「スミ1みたいなもんだから。今日はね。なかなかかみ合ってないっていうところで、みんなでかみ合うような形にしないとね」とさばさばした表情で語った。坂本の左前適時打で先制した初回も岡本和が投ゴロ併殺打に打ち取られて追加点を奪えず、4回にも連打で無死一、二塁の好機を作りながらハイネマンが遊ゴロ併殺に倒れた。

 自身初の100球以上を投げて巨人打線を沈黙させた奥川は「10連戦の1発目だったので、何とか勝ちたいと思っていた。先制されて少し苦しい試合になったんですけど、何とか粘り強く投げられた」と胸を張った。

関連ニュース