記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】アーセナルの冨安は「技術と言葉」で信頼勝ち取った 合流3日でスタメン (1/2ページ)

 サッカー日本代表DF冨安健洋(22)が今夏、欧州トップクラブの一角のアーセナルに移籍。11日にイングランド1部プレミアリーグ第4節ノリッジ戦でいきなり先発デビューしました。

 驚いてください。チーム合流は試合のわずか2日前。トレーニングに参加したのはたったの1日です。いかにミケル・アルテタ監督(39)に気に入られているかがわかりました。冨安の高い技術がしっかり評価されている証しです。さもないと、合流3日目でスタメン出場はできません。しかもアーセナルは67年ぶりの開幕3連敗中だったんですから。

 この試合で冨安は右サイドバック(SB)で先発しました。「日本代表ではセンターバック(CB)なのに、なぜ右SB?」と思われた方も多いのではないでしょうか。実はアルテタ監督はアーセナルのウィークポイントだった、右SBの補強として冨安の獲得を進言していたのです。

関連ニュース