記事詳細

矢野44歳と横田49歳が浮上 ベテラン同士で刺激し合い 国内男子ゴルフ「ANAオープン」

 ■国内男子ゴルフ「ANAオープン」第2日(17日、北海道・札幌GC輪厚コース=7063ヤード、パー72)

 9バーディーで63をマークしたスコット・ビンセント(29)=ジンバブエ=とジェイブ・クルーガー(35)=南アフリカ=が通算9アンダーで首位に並んだ。矢野東(44)ら8人が1打差の3位につけ、横田真一(49)ら6人が通算7アンダーで11位と大混戦。この日が30歳の誕生日の石川遼は5アンダーで24位に後退した。

 同組で回った44歳の矢野と49歳の横田が上位に顔を出した。2008年大会優勝の矢野は5バーディー、ボギーなしの67で、22位から3位へ。「ティーショットが狙ったところに打てた」と納得の口ぶりだった。「横田さんが上手に攻略していて参考になった」とベテラン同士で刺激を受けた様子だ。

 1997年大会王者の横田は3番で15メートル、6番で8メートルと、パターで長い距離を沈めて3つ伸ばした。「流れが良かった。ここに来ると調子が良くなる」と上機嫌だった。