記事詳細

「ゲレロが三冠王なら…」大谷のMVP当確論に“待った” 大谷は三冠王よりも「偉業」の声も (1/2ページ)

 本塁打王争いでブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ(22)=46本=に17日(日本時間18日)、2本差をつけられたエンゼルスの大谷翔平(27)=44本。ア・リーグMVP(最優秀選手)争いでは、大谷が当確といわれてきたが、ゲレロが三冠王を照準に入れて調子を上げていることから、その行方は米記者の間でも侃々諤々の議論を呼んでいる。

 右腕の張りが回復し、ベーブ・ルース以来103年ぶりの2桁勝利、2桁本塁打をかけて19日(同20日)に先発登板する大谷。投打の二刀流による今季の活躍で「MVP当確」とシーズン中盤には各メディアで報じられていたが、9月に入ってやや雰囲気が変わってきた。

 大谷の打撃はスランプに入り、右腕の張りで登板も回避。対照的に三冠王の可能性があるゲレロが輝きを増した。大谷のMVP当確論に“待った”をかける米メディアの論調も見られるようになってきた。

 大リーグ公式サイトは17日(日本時間18日)、複数の担当記者の見解を紹介。

 同サイトのフーター編集長は「複雑だが、ゲレロが三冠王なら…。二冠王だったらどうか」。また、ファインサンド記者は「三冠王よりブルージェイズがポストシーズンに進出するかどうかがMVPに影響するのではないか」とした。

 大谷は23盗塁を記録しているが、盗塁死も多い。ゲレロは得点、出塁率、安打数、長打率、塁打数などもリーグトップで、三冠王を取らなくてもMVPクラスの活躍であるとの見方も強い。

関連ニュース