記事詳細

リバプール・南野、圧巻の2ゴール! 今季初先発・フル出場、チームは3-0で勝利 EFL杯

 サッカーのイングランド・リーグ杯3回戦が21日、各地で行われ、リバプールの日本代表MF南野拓実(26)が、アウェーのノリッジ戦に今季初先発。2ゴールを挙げる圧巻の活躍で存在感を見せた。フル出場して3-0の勝利に貢献した。

 レンタル移籍先のサウサンプトンから復帰したものの今季は公式戦の出番がなかった南野。この日は主力を温存したメンバーが先発し、FWとして出場。胸に秘めた思いを爆発させたのは、0-0の前半4分だった。

 左CKをファーサイドでFWオリジが頭で落とし、ゴール右で待ち構えていた南野が振り向きざまにシュート。角度はなかったが思い切り右足を振り切ると、GKの股を抜けて先制ゴールとなった。南野は会心の笑顔で思わず吠えた。

 後半はMFでプレーし、リーグ戦5連敗中のノリッジに優位に試合を進めた。2点リードの後半35分に2点目。右サイドの混戦からスピードに乗ったままボールを受けてゴール前へ持ち込んだ。最後は相手DFをかわしながら、GKの逆をついてゴールポスト右へ流し込んだ。

 リンダース・アシスタントコーチは「タキ(南野)はすばらしいプレシーズンを送った。インパクトを与え、我々も彼が大好きだ。ナショナルチームではわずかな問題があったが復調し、チームに100%フィットしている。準備ができており彼がチームの一部となってうれしい」と絶賛。

 さらに「必ずしもスーパーなスピードはいらない。彼は天才で知的な動きができる選手。ポテンシャルがあってまだまだ進歩しており、エンドプロダクト(最終製品)ではない」と今季の成長に期待を寄せた。リーグ戦でもチャンスをもらえそうだ。

関連ニュース