記事詳細

トレードマークのスマイルで渋野「いい流れ」首位と2打差6位 「ミヤギテレビ杯ダンロップ」

 4バーディーで首位と2打差の6位と好位置につけた渋野日向子(22)は「ノーボギーで回れたのがうれしい。パットがすごく安定していた」と素直に喜んだ。5番で2アンダーとすると中盤はパーを重ね、17番で4メートルのパットを沈めてバーディー。パー5の18番は残り125ヤードの第3打を1メートルにつけ、さらに伸ばした。前週は今年に入って最高の4位と上り調子で、2019年以来の日本ツアー5勝目を目指す。ギャラリーの声援を集める人気者は「いい流れ。集中力を切らさずに最後までできたら」とトレードマークの笑顔を見せた。