記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】手首を使わないと真っすぐ飛ばない もし方向性が不安定なら、テークバックでは手首を使ってクラブを振り上げてみて (1/2ページ)

 ボールを真っすぐ飛ばしたいというのは誰もが思うこと。しかしこれがなかなかうまくいきません。右にいったり左にいったりと、左右両方のミスが出る人も多いのではないでしょうか。

 方向性を安定させるためにはどうすればいいのか?

 まず、常識的な話からすると、打ち出し方向というのは、ボールが当たる瞬間のフェースの向きによって決まります。つまり、インパクトの瞬間にフェースが目標に対して真っすぐになっていれば、ボールも真っすぐに飛んでくれるということになります。

 この理屈を理解しているゴルファーは多いようですが、ここで大きな勘違いが生まれているのも事実。その勘違いとは、写真〔1〕のように、「フェースを真っすぐに当てるためには、手首を使わないで打ったほうがいいんじゃないか」というものです。

 確かに手首を使わなければ、インパクトでフェースが真っすぐになるような気がします。しかし、ゴルフクラブというのはある程度の速さで振ると遠心力が働くため、自分では正しい軌道で振っているつもりでも、ヘッド自体は外側に膨らみます。そしてその結果、フェースが返りすぎて引っかかりやすくなります。

 また、手首を固定してスイングすると、フォローで正しい弧が描けないというデメリットも生じます。

関連ニュース