記事詳細

ラグビー新リーグの「不安」 プロとアマの間で揺れた妥協の産物 「ジャパンラグビーリーグワン」 (1/2ページ)

 いつまで大赤字に耐えられるのか-。ラグビー界から行く末を危ぶむ声が続出する新リーグが、来年1月7日にスタートする。プロとアマチュアの間で揺れた妥協の産物との不安は尽きない。

 本来は華々しいプロリーグが発足するはずだった。日本ラグビーフットボール協会の清宮克幸副会長が主導し、日本開催の2019年W杯後に向け折衝を重ねていたが、チームを運営する大企業の抵抗に遭い計画は頓挫。清宮副会長のバックには森喜朗前会長の強力な支援があったものの、花園ラグビー場の指定管理を巡る東大阪市との交渉に失敗したこともあり、表舞台からドロップアウトしてしまった。

 当初の予定より大幅に遅れて、今年7月16日に発表された新リーグの名称は「ジャパンラグビーリーグワン」。1部12チーム、2部6チーム、3部6チームの計24チームで初年度を迎えるが、この振り分けの基準も中途半端なプロ化のあおりで曖昧なものとなった。

 全チームがアマチュアなら競技力、つまり強いチームから順にシンプルな格付けが可能。一方、プロならどんなに強くても収支が赤字なら立ちゆかない。スポーツビジネスに特化した別会社の設立や専門人材の採用を進め、スポンサーの開拓やグッズの制作による売上増加を図る必要がある。

関連ニュース